当院の歯科処置

   全身麻酔下で行います

プローブ検査

歯周ポケットの深さを1本ずつ測定します。

この測定と次に行うレントゲン検査により、このあとのそれぞれの歯の処置が決まります。

レントゲン検査

歯根部の状態を確認します。

これにより抜歯が必要か温存できるかを決定します。

歯神経ブロック

抜歯時の局所麻酔です。

下顎、上顎それぞれの神経の入り口に向けて局所麻酔を投与します。

正確な部位への投与は専門的な技術が必要です。

抜歯は全身麻酔下で行いますが、局所麻酔も行うことで吸入麻酔の用量を減らす事が可能です。

歯垢・歯石の除去(スケーリング)

超音波スケ―ラ―で歯垢・歯石を除去します。

チップの角度、動かし方、歯に当てる時間など、操作には細かな注意が必要です。

ルートプレーニング&キュレッタージ

歯科診療処置では見えている歯垢や歯石を取るだけだなく、歯周ポケットの中もきれいにすることがとても重要です。

ポリッシング

専用の研磨剤と機械で歯の表面をなめらかに磨き、処置後もお口の中を健康に保てるようにしています。

乳歯抜歯および外科的矯正

乳歯が残っていたための不正咬合(噛み合わせが悪くなっている)は抜歯した乳歯の歯根の一部を打ち込み矯正します。

通水テスト

歯周ポケットに生理食塩水を注入し口腔鼻腔ろうの有無を確認する検査です。

多根歯の抜歯

歯の根っこが2根歯、3根歯の歯は分割してから抜歯します。

細かな技術が必要です。

抜歯窩(ばっしか)の洗浄とトリミング

抜歯後、穴のあいた状態になった部分をなめらかにトリミングしきれいに洗浄します。

抜歯後の縫合

抜歯した後の穴(抜歯窩)を洗浄し壊死部分の切除後、新鮮創を吸収性縫合糸で縫合します。

必要に応じて歯肉粘膜フラップ形成を行います。

すべて専門的な細かい技術が必要です。

口腔内洗浄

口腔内の研磨剤や歯石片が残らないようにしっかり洗い流します。

歯科用抗生物質軟膏注入

歯周ポケットに歯科用抗生物質軟膏を注入し、歯肉の臨床症状の改善を図ります。